skip to Main Content

2丁差しシザーケース

ブルーに染めた2丁用のシザーケースです。

ベルトループに引っ掛ける用のが1つ、そして調整可能な肩からぶら下げる革紐が付いていています。

肩紐をなくしてベルトループを二つ頼まれる方もいらっしゃいます。

3丁差しシザーケース

コチラのシザーケースは肩から掛けられるように皮紐とベルトループに引っ掛けられるようにループパーツがセットとして付いています。

ハサミは3丁入れですが真ん中のポケットにはコームを入れらます。

そこはホックを付けて開閉できるようにしていますので掃除もしやすくなっています。

お仕事としても使えますがプライベートなので簡単に髪を整えたりする時に持ち運びができて便利です。

 

7丁用シザートレイ

ワゴンの台の上やキャビネットの引き出しの中に入れたりするシザー置きです。

基本のサイズ
外寸 : H290mm × W210mm × D25mm
有効内寸(底) : H230mm × W160mm

シザートレイは受注生産ですのでカットシザーを置く本数やサイズは変更できます。

時ノ葉では革は主に顔料ではなく染料を使用しています。

パステル系と白色や細かな色の指定は難しいですが色もこちらで調色と染色をしていますのである程度の色はお作りできます。

オーダーの際は気軽にご相談ください。

コームケース

コーム入れです。

サイズは前回の日記と同じです。

美容師さんかのオーダーでしたのでコームケースとなっていますが、メガネケースやペン差しとしてもお使いになれます。

人によっては様々な使い方ができると思います。

自分でしたらレザークラフト教室もしているのでこの中に革細工用の道具類を入れたりしますね。

前職場では箱型の仕切りの付いた入れ物を作り、中にはホックやカシメ金具の打ち棒とプレートを入れてました。

レザークラフト教室では筒形は長さを測るのが難しいので初めは円ではなく四角の箱から教えております。

馬蹄型のコインケースは箱型・筒形の発展版で最後の写真にある駒合わせ縫いというやり方をします。

コーム入れ

美容師さんからの筒形のコームケースです。

革を貼り合わせているので約5mmの厚みになり安定感があるので倒れにくくなっています。

筒の中は8cmあるので眼鏡ケースとしても使えます。

カット用の鏡の前や横に置いてあるテーブルの上に置いて使えますね。

Back To Top