skip to Main Content

革教室 トートバッグ

手縫いで作った小さめのバッグです。

表の革は厚みがあるものの少し柔らかいので張りを持たせる為に芯材を張っています。。

ピッスウェードを裏貼りして胴面を表に襠面を内にして縫った事によってバッグが立ちます。

 

革教室 フリスクケース

レザークラフト教室での製作でフリスクケースを生徒さんが作りました。

初めての駒合わせ縫いでサイズも決まっていたので、同じ厚みの革で縫わずに試作をしてから始ました。

自分の初めてより綺麗に縫えて作業もとても丁寧でした。

あまりコンビニでお菓子を買わないので知らなっかたのですが、フリスクネオっていう大きなタイプもあったんですね。

革教室 ぷっくり財布

ハンドメイド展ではこの型の財布やポーチでよくあるそうです。

そう行った所で見て作ってみたいと思われる方も多いです。

型紙から教えてるのですが案外簡単に作れることに皆さん驚かれます。

縫わずして作れるのですが手縫い教室なのでファスナーやフラップに当てを入れて縫ってもらってます。

革教室 コースター

染めでグラデーションをしてみたいとの事だったので、簡単かつお洒落な雰囲気の出やすい染色方法にチャレンジしてみました。

ヌメ革の下地を適当に何色か使って染め刻印を打ちます。

その後は黒などの濃い色でタンポを使って打った刻印の溝に入らないよう優しく撫でながら染めると完成です。

勢いのある人は30分ぐらいで染められますね。

紅型みたいですがこの方法は簡単でインパクトがあると思います。

革教室 二つ折り財布

色の付けてあるヌメ革を使用されたビルフォードの財布です。

カードは4段挿しでお札入れには仕切りがついてあります。

カード入れと小銭入れの部分には別ポケットを設けてあるので機能性抜群です。

Back To Top